【スイング解説】松山英樹、大きい体重移動を支える強靭な下半身

【スイング解説】松山英樹、大きい体重移動を支える強靭な下半身
今季のメジャー覇者と米ツアーで活躍した選手たちのスイングを、プロコーチの鶴見功樹氏が解説。その強さの秘密の一端に迫る。
【連続写真】松山のドライバーショット
2月の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で米ツアー2勝目を挙げると、10月の「日本オープン」から、12月にバハマで開催された「ヒーローワールドチャレンジ」までの5試合で4勝と圧倒的な力を見せた松山英樹。そのスイングの特徴は「右への体重移動が大きい」こと。
「他の選手と比べると、ヒップターンも大きいです。トップでも右ヒザの位置がほとんど変わらないですね、高さ的にも。右足に大きく体重を乗せながらグッと踏ん張ってる」。強靭な下半身を使いバックスイングで体の右側にパワーを溜め、切り返して「それを一気に左サイドに移動させながら腰を切ってクラブをリリースしていく。そして、インパクト以降は左ヒザをしっかり伸ばすことで下半身が止まって、上が思いっきり振り切れている」。上半身の大きな動きを制御する鍛え上げられた下半身と体幹が、松山の強さを文字通り“支えて”いる。

解説・鶴見功樹(つるみこうき)/1966年4月18日生まれ。東京都出身。99年に英国PGAメンバーに。02年に日本人初の英国PGAクォリファイプロフェッショナルを取得。04年より大山志保と師弟関係を結び、06年には賞金女王に育て上げる。今日までに指導した生徒数は10,000人を超え、現在も日本におけるただ一人の英国PGAプロフェッショナル。東京都港区三田でインドアゴルフスクール「鶴見功樹ゴルフアカデミー」を主宰。
<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
飛ばしの要素が詰まった、ジェイソン・デイのパワフルな振り
金メダリストの持ち球は“パワーフェード”
5戦4勝松山英樹の飛躍、ウッズの復帰 【2016年10大ニュース海外男子編】
米国でコストコのゴルフボールがバカ売れ その理由は?
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2016年12月26日のゴルフ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。