【辻にぃスイング見聞】ドロー&フェードを打ち分ける鈴木愛、週ごとに調子の良い球筋でスコアメイク

【辻にぃスイング見聞】ドロー&フェードを打ち分ける鈴木愛、週ごとに調子の良い球筋でスコアメイク
 今季国内女子ツアーで活躍した注目選手の強さの要因を探る“Playback LPGATour2016”。第5回目は今季『中京テレビ・ブリヂストンレディス』でツアー通算2勝目、そして『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』で自身2度目のメジャー制覇を達成をした鈴木愛をフォーカス。ツアーフル参戦3年目での獲得賞金1億円突破、賞金ランク5位に浮上することができた秘密をツアープロコーチの辻村明志氏に解説してもらった。
【連続写真】鈴木愛は体が上下動しない低重心スインガー(写真10枚)
 「15年から16年にかけては広背筋の可動域が大きくなったことでスイングに安定感が生まれています。また2014年まではフェード一辺倒でしたが、今年はドローとフェードを上手く使い分けている。昨年のパーオン率は49位ですが、今年は29位へと上昇しました」と、宮里藍の大会最年少優勝記録を更新して注目を浴びた『日本女子オープン』での初優勝時から“バーディが奪える選手”だったが、昨年から今年にかけては球筋を打ち分けることでスコアメイクに磨きがかかっていると辻村氏は分析。
 鈴木と言えば、「彼女のキャディさんの帰りは必ず日没です(笑)。時間ではなく日が暮れることが終わりの合図。納得のいかないときは、携帯電話の灯りで練習していることも見かけます(辻村氏)」とツアー関係者のなかでは知られた“パット練習の虫”。平均パットはつねに上位で、2014年6位、2015年3位、そして今年は初の1位を獲得。パッティングでゴルフを組み立てるプレースタイルで、短い距離から順に上手い選手という印象だが、ショット練習に関してはスイングポジションに細かくこだわるタイプではないとか…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2016年12月27日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュース

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。