藤崎莉歩がプロ合格まで行っていた平均台素振り!【辻にぃ見聞】

藤崎莉歩がプロ合格まで行っていた平均台素振り!【辻にぃ見聞】
全美貞(韓国)の優勝で幕を閉じた「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」。藤崎莉歩が初勝利を目指しプレーオフまで持ち込んだが、賞金女王戴冠経験のあるベテランは7mをねじ込み新鋭の悲願を断ち切った。そんな土佐決戦を上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が振り返る。
【関連】小平智が古閑美保と結婚!仲睦まじい2人の2ショット!
■韓国きっての精密機械はマイナーチェンジでさらに精度UP
今年も太平洋からの強い海風が吹き荒れた今大会。2日目には初日との真逆の風速7.8m/sの風が吹き荒れるなど多くの選手が苦しんだ。そんな中、全は54ホール中44ホールでパーオン。ショット力の高さを見せた。
「彼女は韓国人きっての精密機械。体を筒の中で円運動しているかのように捻転し、体の両サイドでしっかりシャフトが立っている再現性の高いスイングが魅力です。だから球のコントロールが上手く、ショット関連のスタッツが非常に高い。グリーンが固いトリッキーなコースでもしっかりとチャンスにつけていました」。
そんなショットメーカーはさらに2017年進化してシーズンに入ってきた。それが左に振り抜くことだ。全曰く「右に飛び出すことが多かったのでオフはその部分を修正しました。今は左90度に打ちだしているような感じで振っています」。このマイナーチェンジを辻村氏はこう解説する。
「勝てなかったときに特に顕著だったのですが、彼女は左に引っかけたくないとインサイドアウトで右に打ちだしているときがありました。結果スイングが泳いで、体が止まり余計に左に出ていました。アマチュアの人は左に振るとスライスすると勘違いしがちですが、しっかりとインサイドインで振り抜けば球は右に出ません。勘違いして欲しくないのはここで指している“左に振る”と言うことはクラブのヘッドを左に振る、ということです。左ヒジやグリップエンドを左に引けばカット気味のスイングとなり、球が右に出てしまいますから気を付けてください」。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 上田桃子 Instagram
  2. 上田桃子 斉藤和巳
  3. 上田桃子 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。