「大先生と呼んで(笑)」 谷口徹が我慢のプレーで上位キープ

「大先生と呼んで(笑)」 谷口徹が我慢のプレーで上位キープ
       
<関西オープン 2日目◇19日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>
コースのタフさが原因なのか、それとも選手に疲れが貯まっているのか…。
会心のガッツポーズを決める谷口「100点じゃないけど…」
大会前日に風邪のため欠場となった小平智、大会初日棄権のブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、岩田寛、額賀辰則。そして、この日もスタート前に小田孔明が、宮本勝昌もハーフターン時点で腰痛のために途中棄権し、城陽カントリー倶楽部を後にした。
そんな中、前日、「年齢で人を判断するのはナンセンスやでぇ」と息巻いていた49歳の谷口徹には頭が下がる思いだ。10番スタートのこの日、いきなりのバーディスタートを切るも、11、15、16番とボギー。しかし、そこからじっと我慢を重ねてパーを拾いまくり、折り返しの4、5番で連続バーディを奪取。トータルパープレーで前日2アンダーの貯金を崩さず、首位と4打差8位タイで終えた。
今大会と同様、前週の「日本ゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」開催コースの沖縄県・かねひで喜瀬CCも、かなりのアップダウンが選手の体力を奪う。谷口も連日きついはずだが、ホールアウト後は、むしろ前日よりも表情が晴々しているほど元気だ。口調も滑らかに、
「前半にしょうもないボギーを打ったけど、まぁ、パープレーに戻せたからいいんとちゃう。昨日よりもグリーンが少し柔らかくなったのかもしれへんね。でも、ウェッジで狙うショットは(グリーン上に)止まっても、7番アイアン辺りを手にすると止められる気がせえへんわ。どうしてもグリーンの手前、ギリギリを狙いたくなる。そこのところのジャッジが難しいわね」

当時の記事を読む

谷口徹のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「谷口徹」に関する記事

「谷口徹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「谷口徹」の記事

次に読みたい「谷口徹」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月19日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。