青木瀬令奈の絶対的な強み “リズム”と“テンポ”から生まれる爆発力【辻にぃ見聞】

青木瀬令奈の絶対的な強み “リズム”と“テンポ”から生まれる爆発力【辻にぃ見聞】
荒天により初日の競技が中止となり、36ホールの短期決戦となった「ヨネックスレディス」は青木瀬令奈の初優勝で幕を閉じた。2014年に初シード獲得以降、中々勝利に恵まれなかった天才肌はいかにして栄冠をつかむことが出来たのか。上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が深層を語った。
貴重な私服姿も!青木瀬令奈特選フォトギャラリー
■青木瀬令奈の絶対的な持ち味 “リズム”と“テンポ”
2014年にシード獲得して以降優勝こそなかったものの、好成績を残していた青木。辻村氏が青木のプレースタイルで「絶対の持ち味」と語るのが“リズム”と“テンポ”。すなわち速さと規則性だ。
「スイングを見ていて感じるのがリズムの良さと思い切りの良さです。とにかく小気味良い。これは両親が音楽関係の仕事をしていたことや自身も楽器を演奏するなど、生まれ持った部分、育った環境も大きいですが、他の選手は持っていない明らかなストロングポイントです」。この感覚の鋭さ、リズム感こそが青木が天才肌と呼ばれる所以である。
中止となった翌日に行われた第1ラウンドは、前日に引き続き天候は悪く最高気温が13度。常に強い雨風にさらされながらのプレーにアンダーパーは3人だけ。トップが2アンダーと抜ける選手がおらず4打差に20人がひしめく大混戦となった。青木も優勝後『伸ばせばチャンスはあると思っていた』と語るように、いかに最終日にビッグスコアを出すかが優勝を左右した。その青木の強さが発揮されたのが今大会だった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2017年6月6日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。