【注目選手スイング解説】今平周吾、フォローで左ヒジが曲がっていても問題ない!?

【注目選手スイング解説】今平周吾、フォローで左ヒジが曲がっていても問題ない!?
今季、国内男子ツアーで活躍した選手たち10人のスイングをプロコーチの鶴見功樹氏が解説。第6回目に登場するのは、今季悲願のツアー初優勝を挙げ、キャリアハイとなる賞金ランク6位に入った今平周吾。トップ10に14回入るなど安定感が高い今平のドライバーショットを分析する。
【連続写真】25歳の新鋭・今平周吾のテクニックを徹底解剖
天才肌と称される25歳は「アドレスでは他の選手と比較すると、ヒザを深く曲げる選手ですね。自分のもっている身体の“バネ”をグッと縮めておいて、凝縮している印象です。通常、ここまで縮めるとアマチュアだとトップで伸び上がってしまいますが、さすがトッププロなのでヒザの高さも変わらず、トップで頭の高さもほとんど変わっていません」(鶴見)。身体のバネを凝縮しながら、しっかりと身体を捻ることができている。
切り返しでは「さらに一瞬頭が沈みこんでいる。頭がかなり地面に近いですね。そのため左ヒジに余裕を持って、軽く曲げながら振っています。ヒジを軽く曲げることで、グリップをインパクト前後で素早く身体の回りを通過させるテクニックです。決して左ヒジを曲げることは悪いことではないんです。ただ、この高さでアマチュアの方が振ろうとしたらかなりダフるか、または怖くて伸び上がってしまうでしょうね。その点では、アマがマネできるスイングではないでしょう。彼が持つ独特の感性でつくったスイングですね」(鶴見)。ジョーダン・スピース(米国)など左ヒジを曲げて振っていく選手も多い。左ヒジはフォロースルーで曲がっていても、実は問題ないのだ。
ALBAの記事をもっと見る 2017年12月27日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「今平周吾 + Instagram」のおすすめ記事

「今平周吾 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。