“砂の女王”は立ち姿から美しい 上田桃子のバンカーショット【女子プロの匠】

“砂の女王”は立ち姿から美しい 上田桃子のバンカーショット【女子プロの匠】
上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が、女子プロの中でも特に“上手い!”と思う選手のプレーをピックアップし解説する「女子プロの匠」。今回は上田桃子のバンカーショットをチョイス。
【連続写真】これが“砂の女王”のアドレス!あとはクラブを落とすだけ
2017年は上田にとって日本ツアー復帰後、最高の年となった。5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で3年ぶりの勝ち星を挙げると、後半戦の大一番「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」では最終日が中止となる変則日程の中、2勝目をマーク。獲得賞金は賞金女王に輝いた2007年以来となる1億円突破を果たし、新生・上田桃子の強さをまざまざと見せつけた。
その上田が年間トップ10回数(鈴木愛とタイ)と共にスタッツで1位となったのがサンドセーブ率(グリーンサイドのバンカーに入ってから2打かそれより少ない打数でカップインする率)。この数字の高さが今年の安定感を大きく後押ししていたことに疑いはない。
難しいバンカーに入れないショット力、マネジメント力はもちろんのこと、バンカーショットの上手さが無ければトップの座につくことはできないサンドセーブ率。では、そんな辻村氏も「アマチュアにも真似して欲しい」と語る“砂の女王”の匠の技について早速解説してもらおう。
辻村氏が上田のバンカーショットで一番見て欲しいというのが『素直にクラブの重みを下に落とせてる』部分。「バンカーショットで良くない動きは、球を上げようとして力で砂を叩こうとしたり、砂をしゃくりあげようとすることです。対して上田さんはクラブの重みを活かして上から落とせている。これが強みです」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2017年12月30日のゴルフ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。