【辻にぃスイング見聞】フットワークをほとんど使わない全美貞 ポイントは軸、ベタ足、コンパクト

【辻にぃスイング見聞】フットワークをほとんど使わない全美貞 ポイントは軸、ベタ足、コンパクト
今季活躍した注目選手のスイングから強さの要因を探る“Playback LPGATour2017”。第41回は「PRGRレディス」でツアー通算25勝目を挙げた全美貞(韓国)。コンスタントに勝利を積み上げられる全のスイングを、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が解説する。
【連続写真】フットワークを使わないのが特徴の全美貞のスイング!
今年、ツアー通算25勝目を飾った全美貞さんです。12年に賞金女王に輝いた実力者ですが、35歳になってもまだまだ元気ですね。スイングを見ると、とにかくベタ足にして、スイング中にフットワークをあまり使わないのが特徴です。いい意味で足が暴れていませんが、それだけ上体の動きに執着しているように感じます。身長が175センチと高い割に飛ばし屋ではないのも、足の動きをあまり使っていないからでしょう。
スイング中に体が傾かないことを意識しているように見えますが、インパクト後は左に振り切る意識も感じられます。絶対にクラブをボールの下から入れたくない気持ちが強いうえに、左サイドに振り抜きたい意識があるせいか、ダウンスイングでの胸の開きが早いように思います。右腰の位置が高く見えるのも、その影響でしょう。クラブヘッドを少し外回りさせながら、早めに出そうという動きもありますね。
バックスイングでクラブを上げた軌道よりも外からクラブを下ろしていますし、ダウンスイングで右肩を前に出すタイミングも早いので、本人的には軽いアウトサイドインの軌道を意識しているのでしょう。足の粘りがあるので、スライスではなくストレートに近いフェードを打っています。左腕とクラブの角度をつくっているので、クラブフェースを被せ気味に下ろしてきてもボールがつかまり過ぎることはありません。フェースを被せることとアウトサイドインの軌道が相殺されるので、ストレートに近い球筋なのでしょう。もしもダウンスイングで手首のコックを解くのが早いと、スライスになります。基本的に、アウトサイドインの軌道でスイングするからといって、必ずしもスライスが出るとは限りません。ボールのとらえ方やフェースの向き、手首の角度をどう維持するかによって変わります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 上田桃子 Instagram
  2. 上田桃子 斉藤和巳
  3. 上田桃子 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2017年12月31日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。