鹿児島出身、ゴルフ界の“西郷どん”池村寛世が日本勢3番手!

鹿児島出身、ゴルフ界の“西郷どん”池村寛世が日本勢3番手!
<レオパレス21ミャンマーオープン 3日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
昨年は鹿児島県出身プロが大躍進を遂げた年だった。優勝こそならなかったが、稲森佑貴、香妻陣一朗、出水田大二郎ら若手の台頭の中にもう一人。22歳の池村寛世だ。鹿児島出身といえば、2009年の「日本オープン」で石川遼、今野康晴とのプレーオフを制してナショナルオープン覇者となった小田龍一が有名だが、後継者に名乗りをあげるべく、切磋琢磨している若手四銃士の中で、まず飛び出したのが池村だ。
<動画>レオパレス21ミャンマーオープン3日目、日本人選手ハイライト
ここで、池村のことを知らない方に少しだけ豆知識を。実家はサツマイモ農家で、有名高級イモ焼酎『魔王』の原料を栽培している。「結果が出なかったら農家を継げといわれ続けているので、毎年勝負ですよ(笑)」と、ここ数年は人生を懸けた?ツアー転戦を繰り返し、昨年ようやく賞金ランク74位に入り、初賞金シードを確定させた。その池村がミャンマーの地で4バーディ・2ボギーの“69”。トータル8アンダー・6位タイにつけ、大躍進を遂げようとしている。
「先週からショットはよかったので、あとはパットが入れば戦えると思っていました」と、得意のドライバーが不発でも、スコアをつくって上位争いに食い込んでいる。身長166センチと小柄ながら、ツアー界ではすでにその”マン振り”で有名。300ヤード級のビッグドライブが持ち味だ。最終18番パー5も537ヤードと決して長くはないが、セカンドショットはアイアンで楽々グリーン奥へ。ところがこれを寄せきれずにバーディパットを外してしまったが、真っ黒に日焼けした表情には充実感がにじむ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年1月27日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「辻梨恵」のニュース

次に読みたい関連記事「辻梨恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュース

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら