松山英樹、3連覇達成へのカギは!? 過去2年のスタッツを振り返る

松山英樹、3連覇達成へのカギは!? 過去2年のスタッツを振り返る
<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 事前情報◇31日◇TPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)>
史上二人目の大会3連覇に向けて、松山英樹がTPCスコッツデールに帰ってきた。米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」に過去4度出場している松山。そのすべてで、2016、17年の連覇を含む4位以上の成績を残してきた。
大会初優勝!笑顔で優勝カップを掲げる松山英樹
「ここ(フェニックス)に来ると、何かいいことが起きそうな気がする」と本人も語る同大会。二度のプレーオフを制して優勝を挙げた16、17年の松山のスタッツから、改めてその勝因を振り返る。
リッキー・ファウラー(米国)との接戦を勝ち抜いた16年のスタッツを見てみると、ストロークスゲインド・ティ・トゥ・グリーン(ショットのスコア貢献度)で大会1位に。加えて、ストロークスゲインド・パッティング(パットのスコア貢献度)は29位とまずまずの状態。最終日18番ホールで約5メートルのバーディパットをねじ込むなど要所で見事なパッティングを見せた。
ウェブ・シンプソン(米国)との死闘を繰り広げた17年大会では、同じくストロークスゲインド・ティ・トゥ・グリーン1位と2年連続でショットの精度は抜群。ストロークスゲインド・パッティングは47位と振るわなかったが、優勝を決めたプレーオフの4ホール目では、約50ヤードのアプローチをピン手前2メートルにつけるなど小技でもカバー。見事に連覇を果たした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年1月31日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら