テレサ・ルー グランドスラムかかる一戦は「どの大会でも一緒」

テレサ・ルー グランドスラムかかる一戦は「どの大会でも一緒」
<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇2日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,715ヤード・パー72)>
2018年現在、日本ツアーにある4つの公式戦のうち「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」、「日本女子オープン」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の3つのタイトルを手にしているテレサ・ルー(台湾)。キャリアグランドスラムをかけて、残り1つとなった「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のタイトル奪取に挑む。

プロアマ後には、コーチのヘンリー・ライス氏と共にショット、パターを最終チェック。それでも自身の調子については「うーん」と首をひねる。景気の良い言葉が出てこないのは、コースが難しいのも理由の1つ。「グリーンが小さい上にこぼれやすい形状をしています。ショットの精度はもちろん、アプローチだったりパターだったりと、パーセーブがカギになると思います」。
史上初となるキャリアグランドスラムについても「どの大会でも気持ちは一緒ですよ」と、昨年の「そこは見ていません」という言葉に続き、あまり意識は置いていない様子。「まずは予選通過ですね」と言葉は少ないが、常々難しいコースが好きと語り、何度もメジャー制覇を成し遂げてきたテレサだけに、難コンディションになればなるほど実力を発揮するタイプなのは間違いない。
昨年よりもコースの距離が伸びたことも、飛ばし屋にとっては好都合だろう。2008年に本大会がメジャーに昇格して以来、4大大会制覇は一人もいない。自然体のメジャーハンターは、その第一号として名前を刻むことができるか。(文・秋田義和)


【関連ニュース】
【前夜祭フォト】テレサ・ルーは純白のドレスで登場
【記者の目】感性肌のテレサ・ルー ギアを替えられない強者に起きた二つの異変
過去5年のメジャー大会 優勝者一覧 【国内女子】
【連続写真】韓国賞金女王がベールを脱ぐ イ・ジョンウン6の最新スイング
新垣比菜がようやく“憧れの人”に優勝報告 緊張の中がっちり握手

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年5月2日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら