「11オーバー」から感じた手ごたえ 田中秀道が模索する新スタイル

「11オーバー」から感じた手ごたえ 田中秀道が模索する新スタイル
<関西オープン 2日目◇18日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(7,124ヤード・パー72)>
国内ツアー通算10勝。2002年から5年間にわたり米国男子ツアーでも活躍した田中秀道の今季ツアー初戦は2日間で終わりを迎えた。トータル11オーバー・139位タイで予選落ち。この結果に、もちろん満足をしているわけではないが、田中本人は光も見出している。
【写真】関西オープンからの厳選写真もぜひチェック!
「ここ数年は、まったくボールをコントロールできる状態ではなかった」。これが、近年の自分のプレー内容だったと口にする。「ティグラウンドに立つのも不安ばかり。そんな日々が何年も続きました。でも今年はその不安感を払しょくできている。それもあって本当は予選通過したかった。最後まであきらめずにプレーするという部分しか見せられなかったです」と、まずは悔しさが口をついて出る。そして、現在復活のために着手していることについて語った。
「もともとはドローヒッターだったけど、何年も隣のホールに打ち込むような状態が続いたんです。それで昨年の秋から、僕なりにストレート系を打てるように挑戦をしている。今は真っすぐフェアウェイに向かって打つことを意識しています」
長年、積み重ねたものを捨て、一からのスタートを切っているのが今の田中だ。もちろん、すぐに結果につながるわけではない。しかし、「ドローで打ち出すわけではないので、曲がった場合でもOBになる数は減っています」とその効果は徐々に表れ始めているという。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年5月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら