上田桃子、大会連覇へじわり…強者の思考が生んだ”ゆとり”

上田桃子、大会連覇へじわり…強者の思考が生んだ”ゆとり”
<中京テレビ・ブリヂストンレディス 2日目◇19日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,441ヤード・パー72)>
2017年大会で涙の優勝を飾った上田桃子。連覇がかかる今大会は、初日4アンダー・5位タイ発進すると、2日目にも2つスコアを伸ばし、トータル6アンダー・4位タイ。首位の小祝さくらと2打差と、好位置で最終日を迎える。

昨年大会時は「ショットが曲がる気がしなかった」と良い状態で掴んだ勝利。だが今年は「ショットが本調子ではないため、毎ショットでしっかりと集中しなければいけない」。その中で集中力を高まる日とそうでない日で状態がかわる”ムラッ気”が課題である。
例年は練習日を含めた大会期間では、尻上がりに集中を高めていけたが「今年は初日、2日目にすごく集中できてしまう分、(最終日に)余力がない」。普段と違う傾向に気づけたのは、いま最も強い選手の思考からだ。「鈴木愛ちゃんがコーチと”勝負はバックナインだよ”という会話をしていた。私は金曜日から勝負をしていたなって。今週は”日曜日のバックナインでいい位置にいたら勝負をかけたいなぁ”くらいの思考に切り替えました」。
心にゆとりが生まれ、”決戦前日”の捉え方も「最終日のために少し視野を広くしようと思っていました」と変化する。強風に見舞われた大会2日目は、多くの選手がショットに苦しんだが、上田にも例外なく狂いが生じる。だが「風の影響で(結果が気になり)目線を上げるのが早くなる。すると体も起き上がり、前傾を保てない。(狙いと結果の違いに)プレー途中には”どこを向いているのだろう?”と違和感を感じていましたが、そこに気づけて、最終18番のティショット、2打目は”目線を低く保とう”と心がけたら上手くラインを出せました」と、勝負するべき日に向け”違和感に対する腑に落ちる回答”を得ることができた。
最終日ももちろん同じ姿勢を貫く。2打差はもちろん好位置だが「バックナインまでじっとしておきます(笑)」。”強者の思考が生むゆとり”が勝負のカギだ。(文・標英俊)


【関連ニュース】
中京テレビ・ブリヂストンレディス2日目結果
男子ツアーはアマチュアが首位に!「関西オープンゴルフ」3日目結果
このジャケットの着こなし!上田桃子フォトギャラリー
上田桃子の復活V コーチが語る荒川博氏との秘話【辻にぃ見聞】
ステップアップツアー「ツインフィールズレディース」最終結果

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 上田桃子 Instagram
  2. 上田桃子 斉藤和巳
  3. 上田桃子 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年5月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事

「上田桃子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事

「上田桃子 + 斉藤和巳」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら