時松隆光に見る“自分のゴルフ”を貫く大切さ 「100ヤード以内の精度」と「パッティング技術」で世界と戦う【ツアーの深層】

時松隆光に見る“自分のゴルフ”を貫く大切さ 「100ヤード以内の精度」と「パッティング技術」で世界と戦う【ツアーの深層】
アマチュアの久保田皓也の活躍などで、大きな盛り上がりを見せた「関西オープン」は、最後に“プロの意地”を見せた時松隆光が接戦を制し、ツアー3勝目を挙げた。JGTOのコースセッティング・アドバイザーを務める田島創志は、今回の優勝の理由を、時松が「自分のゴルフを理解し、しっかりと長所で勝負しきった」点に見出した。
■コースにハマった時松のスタイル
今年の関西オープンの会場となった小野東洋GCの全長は7,124ヤード。コースが狭く、林でセパレートされた作りが特徴だ。このコースでは「ロングヒッターにアドバンテージな点はない。270ヤードという距離があれば、全員が戦えるコースだと思う」と田島は分析した。
そのうえで、「時松選手は、ボギーを打たずに、チャンスが来たらバーディをとるスタイル。(ティショットの)距離は出ないけど、パーセーブ率の高さに支えられているのが強みです。それを割り切ってプレーしていました。すごくいいゴルフでした」と称賛を送った。
今大会の時松のパーキープ率は「93.06%」で堂々の1位。本人も優勝会見の席で、「自分はガンガン攻めるタイプではなく、パーでしのぐタイプ」と言い切った。それがコースの特徴とマッチし、今回の戴冠をもたらした一つの要因だ。
■日本でもトップクラスの「100ヤードの精度」
田島は、時松のパーセーブ率の高さを支える要因として、「アプローチの精度」と「パッティング技術」を挙げる。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「時松隆光」に関する記事

「時松隆光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「時松隆光」の記事

次に読みたい「時松隆光」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。