ツアー初の8000ヤードに700ヤードパー5に尾根ありグリーン… 選手たちはどう見る?

ツアー初の8000ヤードに700ヤードパー5に尾根ありグリーン… 選手たちはどう見る?
<ミズノオープン 事前情報◇23日◇ザ・ロイヤルゴルフクラブ(8007ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「ミズノオープン」の開催コースが注目を浴びている。会場は昨年3月にグランドオープンしたザ・ロイヤルゴルフクラブ(茨城県)。総ヤーデージの8007ヤード(パー72)はもちろん、1973年のツアー制度施行後最長。これまでが73年の「日本プロ東西対抗」の7777ヤードだから、どれだけ今回の距離が異例か分かる。今世紀に入ってからで見ると、最長は2017年の「フジサンケイクラシック」で歴代3位の7566ヤード。今回のセッティングはまさにモンスター級といえそうだ。


とはいっても、大会4日間の全日、この距離に設定されるわけではない。コースセッティングアドバイザーの細川和彦によると、3日目はこのフルヤーデージ、8000ヤード越えを予定しているというが、その他の日は「7700前後の予定」。とはいえ、長いことには変わりない。ちなみに先週の関西オープンまでの国内5戦のヤーデージとパー数は以下の通りだ。

・東建ホームメイトカップ 7081ヤード(パー72)
・パナソニックオープン 7343ヤード(パー71)
・中日クラウンズ 6557ヤード(パー70)
日本プロゴルフ選手権 7324ヤード(パー72)
・関西オープン 7124ヤード(パー72)

こうして見ると、7700ヤードでも相当タフになるのは明らかだ。今回のコース自体は比較的フラットで、一見広々としている。ところが、ひとたびラフにつかまると、グリーンを狙うショットはおろか、出すだけの状況も大いにあり得るという。「フェアウェイ幅が狭いわけではありませんが、ラフに入れてはいけないというプレッシャーで、実際よりも狭く見える」と小鯛竜也。この意見には他の選手もおおむね同意見だ。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内男子ツアー」に関する記事

「国内男子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。