女王戴冠並みの大反響を受けた大山志保 今後の試合出場については「本当に悩みどころ」

女王戴冠並みの大反響を受けた大山志保 今後の試合出場については「本当に悩みどころ」
<宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇6日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,525ヤード・パー72)>
先週の「ヨネックスレディス」で、頚椎椎間板ヘルニアから復帰4試合目にしてカップを掲げた大山志保。引退が頭をよぎるほどのケガからの復活劇に反響は大きく、「初優勝したときとか賞金女王を獲得したときくらいのお祝いがありました。それ以上かもしれません」と驚きを隠せなかった。

「ちゃんと数えてはいないですが、300はゆうに超えていました」と届いたメッセージも18回勝った中で最大級。また、帰りの新幹線では「全米女子オープン」で畑岡奈紗のキャディを務めている最中だった昨年までの相棒キャディであるデイナ・ドリュー氏から、涙ながらにお祝いの電話もあったという。
そんな大反響に反して本人は全く実感が無いという。「先週始まる前と気持ちなどまったく変わっていないですね。達成感もないです」と気持ちに変化はない。「ほけんの窓口レディース」で復帰した際、「復帰できたので次は勝てるように頑張りたい」と話しており、実際に勝ったが、「次の目標はゴルフのレベルアップですね。ティショットが飛距離も出ないですし、距離も出ていない。アイアンにもキレがないので、そのあたりを上げていきたい」とヨネックスが始まる前とこちらも変わらない。
変わりそうなのは今後の日程。賞金シードを獲得するためには、出場義務試合数21試合(※)に出場しなければならない。しかし大山はその内、開幕から10試合連続で欠場したため、復帰時点では出場できるか未確定で、かつ出場義務試合に含まれていない3試合(「日本女子オープン」、「TOTOジャパンクラシック」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」)を除く25試合の内、21試合に出場するという、かなりのハードスケジュールを組んでいた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年6月6日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。