国内ツアー唯一のマッチプレー大会に臨む石川遼 「1回戦から最終日の優勝争いのような感覚」で挑む

国内ツアー唯一のマッチプレー大会に臨む石川遼 「1回戦から最終日の優勝争いのような感覚」で挑む
18日(月)に都内で、今年7、9月に開催される国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」の記者会見が行われた。会見には国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長のほか、日本ゴルフツアー機構(JGTO)副会長の石川遼、ISPS所属の藤本佳則らが出席。初出場となる石川が大会への意欲を言葉にした。
【連続写真】石川遼の2018年スイング
国内ツアー唯一のマッチプレー方式で行われることに加え、ツアー最高となる優勝賞金5200万円(賞金総額2億3000万円)を誇る今大会。石川は、「ツアー最高の賞金額ということで、選手達のモチベーションは高い。全員が優勝を目指し、頑張って大会を盛り上げたい」と意気込みを語った。
今回の舞台となる鳩山カントリークラブ(埼玉県)で実際にプレーしたという石川は、「グリーンが非常に難しい。ストロークプレーだと、どれ位のスコアになるのか」とその印象を語った。グリーンの難しさが際立った今年の全米オープンを引き合いに出し、「全米のように球が止まらないこともあり得る。マッチプレーはどちらかがホールアウトできなくても勝敗が決まる。これ以上ない素晴らしい会場」と、その難コースで戦うことを心待ちにする。
また藤本は「5月に肩を痛めて、今は試合を休んでいる状態。この試合には何とか万全で臨めるように治療して、練習とトレーニングを頑張りたい」と意欲を口にした。昨年は1回戦で上井邦裕に敗れ姿を消したが、今年は“ホスト”としての意地を見せる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石川遼 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年6月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら