「注射を18本打った」満身創痍の高山忠洋が一気に4位浮上

「注射を18本打った」満身創痍の高山忠洋が一気に4位浮上
<ダンロップ・スリクソン福島オープン 2日目◇22日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>
7バーディ・2ボギーの「67」でラウンドした高山忠洋が、トータル7アンダーまでスコアを伸ばし、初日の41位タイから4位タイへと大きく順位を上げた。
やっぱり痛そう?険しい表情でパッティングを行う高山忠洋
INスタートの高山は、12番から4連続バーディを奪うなど、快調にスコアを伸ばした。だがその裏では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」棄権の要因になった腰痛と戦っている。
この日も痛みを止めるための座薬まで使用し、コースへ飛び出した。「練習ラウンドは薬なしでプレーできるけど、やりすぎると次の日に残る。痛みが重なってくる感覚がある」と予断を許さないのが現状だ。
2週間のオープンウィークには、「筋膜リリース注射」という生理食塩水を体内に注入する治療法も施した。「(今週の)月曜日にも18本の注射を打って来た」と、並々ならぬ覚悟で臨んでいる。
2週間の間にはモチベーションを掻き立てられる出来事があった。所属先のスターツが主催する、国内シニアツアー「スターツシニア」の解説を務めたのだが、「違う視点からゴルフを見ることができたので、挑戦意欲をかきたてられた」と先輩たちのプレーを見て気持ちを新たにしたうえで、福島の地に立っている。
ちなみにその時、レポーターを務めたのが高山が憧れる田中秀道だった。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。