福島決戦はいよいよ決勝ラウンドがスタート! 混とんとした状態を抜け出すのは一体?【3日目展望】

福島決戦はいよいよ決勝ラウンドがスタート! 混とんとした状態を抜け出すのは一体?【3日目展望】
<ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目◇23日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」3日目がスタートした。福島決戦もいよいよ決勝ラウンドに突入した。
【ライブフォト】福島決戦の様子も現地からライブフォト配信中!
初日はバーディ合戦となったが、2日目は朝からコースに吹いた風の影響もあり、派手な伸ばしあいとはならなかった。そんななか、スタート7ホールで6つのバーディを奪うなど4ストローク伸ばした池田勇太が、トップタイに浮上。節目となるツアー通算20勝目に向け、最高の位置からのティオフとなった。
ともに最終組で回るのは、小林正則と山岡成稔。山岡は「レギュラーはもちろんチャレンジ(AbemaTVツアー)を通じても初めての最終組です」と語るなど、今大会で躍進を目指す一人。ツアー優勝経験者2人とのラウンドでも気後れないプレーで、上位をキープしたいところだ。
また、その一つ前の組では、前日のベストスコア「67」をマークし、トータル7アンダーまで伸ばした高山忠洋、初のレギュラーツアーでの決勝ラウンドを戦う川上優大、2016年大会王者の時松隆光がプレーする。川上と時松は同じ1993年生まれの同級生。現在賞金ランク1位の時松に対し、川上は「負けたくない。同じようになりたいというよりも、(同世代で活躍している選手よりも)上に行きたい」と強い気持ちで臨む。刺激に満ちたラウンドが、どうスコアに反映されていくかも注目だ。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内男子ツアー」に関する記事

「国内男子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。