「選手にコースを狙わせる」ため計算され尽くしたコースセッティングの妙 多種多様なショットが東北の地を魅了【ツアーの深層】

「選手にコースを狙わせる」ため計算され尽くしたコースセッティングの妙 多種多様なショットが東北の地を魅了【ツアーの深層】
優勝した秋吉翔太のスコアがトータル20アンダー。3日目には香妻陣一朗が日本ツアー最多アンダーパータイ記録となる12アンダーをマークするなど、今年もバーディ合戦が繰り広げられた「ダンロップ・スリクソン福島オープン」。ギャラリーからの拍手、そして歓声にコースが包まれる場面が多く見られた4日間だが、この光景を生み出すためには、考え抜かれたセッティングの妙があった。今大会のコースセッティング・アドバイザーを務めた田島創志が語る。
【関連写真】大きくうねるグリーンを攻める石川遼と見守る大ギャラリー

■いいショットを打つことが求められたセッティング

「いいショットを打ったときに、しっかりと結果につながるセッティングをしたい。そう思って今回の舞台を整えました。ギリギリのところでいいショットが報われて、ガッツポーズが出る。そうやって人を魅了することが、プロゴルファーには必要です」

田島は、今回のセッティングの意図をこう語る。会場となったグランディ那須白河GCのグリーンは「かなりうねっている形状」。さらにグリーン上でウェッジを握る選手を見かけるほど、広くて、アンジュレーションもある。そんなコースで田島が選手に求めたのは、「正確なショット力」だった。

「狙えるエリアは狭い。傾斜も計算し、落とすエリアをしっかりと判断することが必要です。ただ、落とすべきところに落とせばOKバーディのような結果が出る。そこを外すと、リカバーに苦労するんですけどね」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年6月26日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら