【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみの強みは…“悪い流れから立ち直る力”

【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみの強みは…“悪い流れから立ち直る力”
「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。
アマチュア時代にレギュラー優勝~カップを掲げる15歳の勝みなみ
2018年から導入された「バウンスバック率」。ボギーかそれより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで、バーディかそれよりいいスコアをマークする確率、のことで、バウンスバックの意味=すぐに回復する、立ち直る、を指しており、”悪い流れから立ち直る力の強い選手の指標”として、米国男子ツアーなどでは以前から採用されている。
米国ツアーではブルックス・ケプカが2016、17年と2年連続での年間1位を獲得(16年/28.77%、17年/28.10%)。90年代以降で、30%を超えた選手は、フィル・ミケルソン(94年/30.00%)、ブルース・リツキー(94年/31.78%)、ジョン・デーリー(04年/32.62%)、ダン・フォースマン(05年/30.30%)らがおり、00年のタイガー・ウッズは36.51%と驚異的な数字をたたき出している。近年では15年のジェイソン・デイ(34.44%)がウッズに次ぐ数字を記録している。
さて、国内女子ツアー前半戦のスタッツを見てみると、バウンスバック率1位はルーキーの勝みなみ(24.0876%)。バーディー数1位(189)、平均バーディー数3位(3.5660)と、“バーディを獲れる選手だけに当然?”と思うかもしれないが、ボギーを打てば必ずといっていいほど、集中力を揺さぶられるだけに、「プレー中に怒ったりもしますが、すぐに忘れてしまうタイプなんです。小さいころから、母からも“いい性格をしているね”といわれます(笑)」という切りかえの早さが、このスタッツの良さにあらわれているか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年6月29日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。