暑さと風で集中力を奪われた畑岡奈紗 メジャー制覇が遠のくラウンドに「緊張感が足りない」

暑さと風で集中力を奪われた畑岡奈紗 メジャー制覇が遠のくラウンドに「緊張感が足りない」
KPMG女子PGA選手権 3日目◇30日◇ケンパーレイクスGC(6,741ヤード・パー72)>
首位と3打差の8位タイからスタートした畑岡奈紗は、3バーディ・4ボギーの「73」でラウンド。スコアを1つ落とし、トップのユ・ソヨン(韓国)と9打差のトータル2アンダー・23位タイに後退した。
【動画】畑岡奈紗 先週の米初優勝について語る
35度超の気温と風がコースを難しいものにし、そして19歳の集中力も奪っていく。今大会初のオーバーパーラウンドとなった3日目について畑岡は、「出だしからショットは良かったけど、グリーン周りに苦戦した。いい流れで回れなかった」と悔しさを口にした。
2番では、フェアウェイからのセカンドショットをピン3mにつけバーディを奪う、上々の滑り出しとなった。しかし3番で1mのパーパットがカップに蹴られ外れると、5番もショットの距離感に狂いが生じ4オン1パットのボギー。結局前半だけで4つのボギー(2バーディ)を喫してしまった。後半は1バーディ以外はすべてパーと耐えたものの、序盤のビハインドを返すことはできず。1つスコアを落としたままホールアウトとなった。
「風を読んで、手前から行っているつもりなんですけど、キャリーでピンまで行ってしまい、奥に外すことが多かった」とコースに吹く風が正確な判断を狂わせた。さらに「アメリカでは一番暑かった」という気温も大敵となった。頭に氷を置いたり、日傘を差すなど対策はしたものの、「練習の時から汗が止まらない感じで、集中するのも大変だった」と克服することができなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 畑岡奈紗 Instagram
ALBAの記事をもっと見る 2018年7月1日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら