ジュニアに難セッティングでの経験を!「石川遼インビテーショナル ジャパンジュニアマスターズ」が今年も開催

ジュニアに難セッティングでの経験を!「石川遼インビテーショナル ジャパンジュニアマスターズ」が今年も開催
拡大する(全1枚)
石川遼が主宰する「everyone PROJECT」の一環として、将来有望なジュニアのトップ層のレベルを引き揚げるのを目的に開催される「石川遼インビテーショナル ジャパンジュニアマスターズ」が今年も行われる。
選手会長としても大忙しの石川遼、理事会メンバーとの集合写真
8~10月にわたり、3会場3ラウンドのサーキット方式で開催される同大会は、“世界で戦えるゴルファー育成には質の高いコースとセッティングで試合をすることが重要”と考えから、石川遼が選んだ“日本で1番難しいコースセッティングの男子ツアー3会場”で、プロトーナメント開催直前に行われる。
昨年は、富士桜CC(フジサンケイクラシック)、カレドニアンGC(アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ)、岐阜関・CC東コース(日本オープン)の3会場だったが、今年は富士桜CC(フジサンケイクラシック)、武蔵CC・笹井コース(ダイヤモンドカップ)、横浜CC(日本オープン)に決まった。
なお優勝者には国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の出場権が与えられ、昨年は杉浦悠太(※当時 福井工大福井高1年)が獲得している。
◎「石川遼インビテーショナル ジャパンジュニアマスターズ」って何?◎
競技方法は1会場18ホール、3日間合計の54ホールストロークプレー競技。出場選手は2018年の『日本アマチュアゴルフ選手権競技』までの様々な試合の成績をもとに石川遼が選考(30名予定)。1日目が8月26日(日)に富士桜カントリー倶楽部で、2日目が9月15日(土)に武蔵カントリークラブ・笹井コースで、3日目が10月7日(日)に横浜カントリークラブで開催される。優勝者には2018年「カシオワールドオープン」出場権、また富士桜CCのメダリストには「フジサンケイクラシック」マンデートーナメントの出場権が与えられる。

■「フューチャーゴルフ」は豪雨被害を考慮し延期、石川遼が会見で経緯語る【動画】
■石川遼が“プロアマ問題”について謝罪、選手会長としてさらなる意識改善へ
■片山問題発生後、初となるプロアマに石川遼は…「特に意識はしなかった」
■【記者の目】男子ツアーの絶好調男に見るエースドライバーの“世代交代”
■日本ツアー発!世界一“へんてこスイング”が欧米でも話題!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク