パドレイグ・ハリントン、来年こそは“正真正銘”の「ディフェンディング・チャンピオンになる」

パドレイグ・ハリントン、来年こそは“正真正銘”の「ディフェンディング・チャンピオンになる」
全英オープン 事前情報◇16日◇カーヌスティGL(7,402ヤード・パー71)>
パドレイグ・ハリントン(アイルランド)は、2年連続で“ディフェンディング・チャンピオン”として、自身の持つタイトル死守を試みなければならない。昨年のロイヤル・バークデールは、2008年に連覇を飾った舞台。そして今大会の舞台であるカーヌスティは、07年にハリントンがメジャー初優勝をつかんだ、思い出の場所だからだ。
【写真】松山英樹もタイガー・ウッズも登場!練習日フォトをお届け
「全英オープンは毎年特別な大会。しかしながら、昨季のバークデール同様、ここカーヌスティにも『王者』として戻ってきた。だから、より特別に感じている」
「カーヌスティはなじみのあるコース。思いっきり自分のゴルフを楽しみたい。下を向いて懸命にゴルフをするだけでは、いい方向には向かわない。前を向いて、バラの香りを楽しむようにプレーしたい」
難度に惑わされ、守り一辺倒では当然攻略などできないということだ。
「カーヌスティでは経験が大切。このコースの攻略法はいろいろとあるが、最終的に重要なのは腹を決めて、“ビッグショット”を打つことだ」
11年前にハリントンが優勝した際には、そのビッグショットを連発して劇的勝利を手繰り寄せた。しかし全ショットが成功したわけではなかった。クラレット・ジャグに片手を届かせながら、最終日の18番でバリー・バーンに2度も打ち込み、一時は優勝は遠ざかったかに見えた。しかし優勝争いをしていたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、最終ホールで3メートルのパットを外してプレーオフにもつれこみ、最終的に逆転勝利をつかみ取ったのである。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年7月17日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら