遠藤と北勝富士 絶好調の2人に共通すること

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、大相撲初場所で横綱・大関相手に初日から3連勝した2人の平幕力士、遠藤関と北勝富士関にまつわるエピソードを取り上げる。

遠藤と北勝富士 絶好調の2人に共通すること

【大相撲一月場所(初場所)3日目】○遠藤(つきおとし)豪栄道×=2020年1月14日 両国国技館 写真提供:産経新聞社

「しっかり体が動いてくれてよかった」(遠藤)

「自分の圧力で横綱が引いてくれるのは頭に入っていた。(場所前、鶴竜に)何番も胸を貸してもらい、成果が出た」(北勝富士)

“令和最初の初場所”はいきなり大荒れです。3日目(14日)は先場所勝の横綱・白鵬が平幕相手に連敗。もう1人の横綱・鶴竜も敗れ、揃って金星を配給しました。2横綱がともに1勝2敗となり、白鵬は4日目から休場を発表。大関・豪栄道も初日から3連敗。もはや誰が優勝してもおかしくない雰囲気になって来ました。

荒れる初場所を演出しているのが、初日から横綱・大関相手に3連勝した2人の平幕力士、遠藤(東前頭筆頭)と北勝富士(東前頭2枚目)です。

名門・日大相撲部出身で、入門からわずか3場所で新入幕を果たした遠藤。大相撲人気の火付け役となりましたが、2015年3月の春場所で左膝前十字じん帯と半月板を損傷。以後も故障に悩まされ、幕内の上位と下位を往復するもどかしい日々が続きました。

先場所(2019年11月・九州場所)は7勝8敗と負け越し、2場所務めた小結から平幕に陥落。この初場所は遠藤にとってまさに正念場でした。


あわせて読みたい

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。