終身雇用の終わりの始まり~業績好調でも踏み切る「黒字リストラ」

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(1月15日放送)に作家・ジャーナリストの河合雅司が出演。大企業が実施する「黒字リストラ」の背景について解説した。

終身雇用の終わりの始まり~業績好調でも踏み切る「黒字リストラ」

ニッポン放送「ザ・フォーカス」

黒字なのにリストラ~背景に少子高齢化が関係か

東京商工リサーチによると、2019年に早期・希退職を実施した上場企業が35社にのぼり、対象者は1万1351人に達したことがわかった。1万人を超えたのは6年ぶり。日経新聞によるとリストラを実施した企業の57%が、業績が好調で黒字の企業だった。また、理由について毎日新聞は「70歳までの長期雇用を見据える」「セカンドキャリアを支援」などと分析している。

森田耕次解説委員)早期退職や希望退職の対象者は、1988年~1992年に就職したバブル世代を含む、40代後半~50代が中心ということです。業績が好調な電気大手などの企業でもリストラに踏み切るということで、「黒字リストラ」と言われているようです。オリンピック後の景気後退の備えなど、その辺りが背景にあるのでしょうか?

河合)それもあると思いますが、もっと言うとその先を見越しての動きだと思います。い人が減って行くので、会社の中心になるような人たちにきちんとした処遇をしないと、若者が採用できません。また技術革新があまりにも早く、ベテラン社員の再教育ではなかなか新しい技術に追いつけないこともあって、若い人の配分を多くするためにも、ベテラン勢でとりわけ技術革新について行けない人を早期リストラすることで、人件費をやり繰りしようという思惑があるのです。リストラは会社側の理屈になるわけですが、(リストラ対象とする人に対しての会社外の思いには)早めにセカンドキャリアへ転じて行くチャンスを広げようということでもあるのですよね。黒字で組織体力があるうちに、ベテラン勢に辞めてもらおうという動きが強まって来ており、2019年は「リストラ元年」と言われるのです。


あわせて読みたい

小瀧望のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「小瀧望 + ドラマ」のおすすめ記事

「小瀧望 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「小瀧望 + Instagram」のおすすめ記事

「小瀧望 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小池徹平」のニュース

次に読みたい関連記事「小池徹平」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 小瀧望 Instagram
  2. 小瀧望 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。