岩井俊二監督が最新作に込めた、故郷・宮城への“アンサー”とは…

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第769回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

現在、大ヒット公開中の岩井俊二監督最新作『ラストレター』。“小さな嘘と手紙の行き違い”をきっかけに、過去と現在、2つの世代を通して紡がれる、淡く切ない恋物語です。今回は、監督・原作・脚本・編集を手がけた岩井俊二監督に独占インタビュー。

【前篇はコチラ】

岩井監督にとって初となった故郷・宮城を撮影地に選んだ理由、そして本作に込めた願いについて伺いました。

岩井俊二監督が最新作に込めた、故郷・宮城への“アンサー”とは…

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

いまもこうして映画を作り続けることができるのは、幸運だと思います

八雲ふみね(以下、八雲):最新作『ラストレター』は、宮城県仙台を中心に撮影されています。岩井監督の故郷であるこの地での撮影は初めてとなりますが、監督の青春時代の原体験といったものは、作品のなかに盛り込まれたのでしょうか?

岩井俊二監督(以下、岩井監督):故郷は、仙台は…。ほぼ0歳~18歳までいた場所ですからね。今回に限らず「そこ(仙台)からインスピレーションを得なかった作品なんてあったっけ?」と言うぐらい、大切な場所ではあります。『Love Letter』は仙台の思い出を描いたものだし、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(※1)も『リリイ・シュシュのすべて』(※2)も『花とアリス』も、やはり仙台での体験を抜きには語れません。だからと言って、故郷・仙台で映画を撮るという発想はあまりなかったんです。自分の「私」なものと作品がくっつきすぎちゃって、ちょっとやりにくいだろうなと思っていました。だから原作は仙台だけど、映画化されるときにはどこか別の街にして…という感じだったんですよね。


あわせて読みたい

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。