高橋洋一「予算を付けて執行しないのは“官僚のサボタージュ”」 ~新型コロナ対策の予算使い残し

高橋洋一「予算を付けて執行しないのは“官僚のサボタージュ”」 ~新型コロナ対策の予算使い残し
拡大する(全1枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月28日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。コロナ対応の執行が遅れ、予算繰越金が過去最大になったというニュースについて解説した。

高橋洋一「予算を付けて執行しないのは“官僚のサボタージュ”」...の画像はこちら >>

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

コロナ対策の予算の使い残しが酷い日本

国の2020年度一般会計予算のうち、執行が遅れて21年度へ繰り越される額が過去最大の30兆円規模に達する見込みであることが判明した。政府が20年度に3度編成した補正予算73兆円のうち、使い残した額はその4割に相当する。

高橋)日本では予算の使い残しの中身が酷くて、愕然としましたけれども。医療方面に1兆5000億円の予算を付けたのに、それもほとんど使い残しているのでしょう。

飯田)コロナ対応の患者さんを受け入れたら、お金を払うというところ。

高橋)医療の供給を増やすためにやったのに、使い残しがあるのでしょう。あとは地方創生臨時交付金という、時短要請のための地方の補助金があるのですが、これも4.5兆円を付けたのに、ほとんど余っている。要するに政策をしていないのです。供給対策もしていないし、時短要請の協力金も払っていない。

飯田)予算を付けて、あとは実行する省庁なり都道府県、市町村が事務処理しきれていない。

高橋)これだけ使えていないと、事務処理の問題ではないと思います。

飯田)事務処理だけでは、ここまで使い残しは出ないですか?

概算払いができていない~予算を付けてやっていないのは、官僚のサボタージュ


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク