ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」

ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」
拡大する(全7枚)

ヨット太平洋単独無寄港横断に成功、さらにヨットでの日本帰国を果たし“往復”の太平洋横断に成功した辛坊治郎が、自宅への帰宅後に起こした「錯覚」について明かした。

ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起...の画像はこちら >>

日本への帰還を果たし、安堵の表情を見せる辛坊治郎

ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」では、番組パーソナリティの辛坊治郎がヨット太平洋単独無寄港横断に挑戦している間、“スペシャルパーソナリティ”たちが“留守番”をしてきたが、そのままヨットでの帰国を目指すこととなり“留守番”は延長。そして、辛坊に持たせた衛星携帯電話へ毎回必ずかける「生存確認テレフォン」と題した企画も継続してきた。

そして8月24日(火)午前9時19分、ついに大阪の淡輪ヨットハーバーに入港し無事日本への帰還を果たし“往復”の太平洋公開に成功した辛坊であるが、船のメンテナンスや自身のメンテナンスもあるため、番組への“即復帰”とはならず、帰還の翌々日・8月26日(水)の午後5時も、この日スペシャルパーソナリティを務める飯田浩司アナウンサーとアシスタントの増山さやかアナウンサーは電話を掛けた。

電話に出た辛坊は、「“生存確認テレフォン”っていうことだと、生きてるのがわかってる状況でかけるのはつまらないよね? なんだ、生きてんのか、みたいな(笑)」と第一声。スタジオの2人も苦笑するしかなかったが、辛坊は「それがね、怖かったんですよ。恐ろしいことがありましてね……」と話を切り出した。


この記事の画像

「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像1 「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像2 「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像3 「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像4
「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像5 「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像6 「ヨット太平洋往復後の辛坊治郎 恐怖の“錯覚”を久々の自宅で起こし「絶叫しました」」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク