『秩父の雲海予報』の“中の人”は、なぜ個人で情報発信するようになったのか

『秩父の雲海予報』の“中の人”は、なぜ個人で情報発信するようになったのか
拡大する(全2枚)

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

『秩父の雲海予報』の“中の人”は、なぜ個人で情報発信するよう...の画像はこちら >>

雲海の様子

秋になると、昔の城跡が雲に浮かんだような風景が「天空の城」と呼ばれて、SNSを中心に話題になります。この「雲海」が見られるのは、たいてい早朝だけ。ハードルの高さから、雲海を見に行くことを「雲海チャレンジ」と呼ぶ人もいます。

それゆえ、頑張って早起きして絶景ポイントへたどり着いたのに、ただいい景色が広がるだけ……ということもしばしばです。

「雲海が出るかどうか、前もってわかればいいのに……」

そんな心の声に応えるような取り組みをしている男性がいます。埼玉県秩父市にお住まいの気象予報士・富田浩充さん、40歳。

富田さんは、『秩父の雲海予報』と題したツイッターを開設しています。ほぼ毎日、夜の9時過ぎに、明くる朝の「雲海発生確率」を発表しているのです。

富田さんはもともと秩父出身。幼少期は町のシンボル・武甲山を望む家の庭で、広い空に浮かぶ雲を眺めて育ちました。自然と「空」が大好きになったそうです。その後、大学進学に合わせて上京し、大手IT企業にシステムエンジニアとして就職。都心の住まいから会社へは、地下鉄での通勤となりました。

システムエンジニアは、IT企業のなかでも特に多忙を極める職種です。いつの間にか、終電で帰宅するのが当たり前に。東京のビルの谷間から見える狭い空すら、見上げる余裕はまったくありませんでした。

いまから10年前に富田さんは結婚。まだ世の中には東日本大震災の混乱が残り、不安が渦巻いていました。そんな折、ふるさと・秩父にいるお姉さんから、「秩父に帰って来ない? 市役所がシステムエンジニアを募集しているよ」という連絡が入ります。


この記事の画像

「『秩父の雲海予報』の“中の人”は、なぜ個人で情報発信するようになったのか」の画像1 「『秩父の雲海予報』の“中の人”は、なぜ個人で情報発信するようになったのか」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク