神田うの、失礼すぎた自分を変えたのは愛娘「はじめて自分よりワガママな人に会った」

神田うの、失礼すぎた自分を変えたのは愛娘「はじめて自分よりワガママな人に会った」
拡大する(全1枚)

12月2日(木)、Click Holdings株式会社・代表取締役社⻑ 半沢龍之介が編集長、ニッポン放送・前島花音アナウンサーが副編集長を務めるラジオ番組「ラジオマガジン・登龍門」(ニッポン放送・毎週木曜20時30分~21時)が放送。モデル・タレントの神田うのが出演し、自由奔放に仕事をしていた10代のエピソードを語った。

神田うの、失礼すぎた自分を変えたのは愛娘「はじめて自分よりワ...の画像はこちら >>

半沢龍之介/神田うの/前島花音アナウンサー

毎週様々な分野で活躍するゲストを迎えてトークする同番組。今回は神田うのが自身の10代、20代の芸能活動を振り返る中で、自分の価値観が大きく変わったある出来事について赤裸々に話した。

生放送中に居眠り、「早く辞めさせて」とプロデューサーに懇願

半沢:テレビやモデルの仕事をしている中で感じたことはなんでしたか?

うの:そもそも芸能人にもモデルにもなろうと思っていたわけではなかったから遊びの延長線という感じでやっていました。現場にお友達を作りに行っていたという感じですかね。

半沢:無欲だからこそ芸能界で出世したいという貪欲な気持ちがなかったんですね。

うの:まったくなかったですね。だからいつも「腰掛けタレント」っていわれて(笑)でもね、ご一緒させていただく方々からは可愛がっていただいて。夜遅くまで遊んで仕事に行くから、生放送中眠くなるでしょ(笑)隣に座っている恵俊彰さんが「うのは寝かしといてあげよう」って。スタッフもVTR中寝かせてくれて、終わる頃に「起きて起きて」って。それでパチンと目を覚ますみたいな、本当にひどいよね(笑)挙げ句の果てに、仲の良かったプロデューサーさんに「早く辞めさせてよ~、ギャラいらないから。その分あげるから休んでいい?」って行って。本当にひどかった(笑)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

神田うののプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「神田うの」に関する記事

「神田うの」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「神田うの」の記事

次に読みたい「神田うの」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク