東京都医師会副会長・角田徹 ~新型コロナワクチン3回目接種の注意点

東京都医師会副会長・角田徹 ~新型コロナワクチン3回目接種の注意点
拡大する(全2枚)

東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が1月12日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナワクチンの3回目接種について解説した。

東京都医師会副会長・角田徹 ~新型コロナワクチン3回目接種の...の画像はこちら >>

ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」

65歳以上のワクチン2回接種率は92%以上

飯田浩司アナウンサー)去年(2021年)のワクチン接種に関して、最初はいろいろと言われていましたが、特に高リスクとされる65歳以上の方々の2回接種率が92%以上になったと報道されています。事情があって打てない方もいるなかで、この数字はすごいですよね。

角田)打てない人たちを抜くと、高齢者に関しては、ほとんどの方が打っているという状況です。日本が昨年の暮れに感染を抑えられた大きな要因の1つだと思います。

3回目接種後は抗体が8~10倍に上昇する

新行市佳アナウンサー)オミクロン株に関して、ワクチンの効果はどうなのでしょうか?

角田)諸外国のデータをみると、ワクチン2回接種では、感染予防率は33%くらいに低下し、3分の1になってしまいます。ただ、重症化の予防効果は保たれていますので、重症化予防の意味でも、2回目が終わったあとに3回目を打っていただきたいと思います。

飯田)3回目接種についてですが、どのような効果があるのでしょうか?

角田)3回目の接種を「ブースター」と言いますが、これを打つことによっていままでの中和抗体、抗体というウイルスに打ち勝つ力が、2回目を打ち終わったあとの8~10倍以上になり、飛躍的に高くなります。感染予防の効果も高まるし、さらに重症化予防の効果も高まります。


この記事の画像

「東京都医師会副会長・角田徹 ~新型コロナワクチン3回目接種の注意点」の画像1 「東京都医師会副会長・角田徹 ~新型コロナワクチン3回目接種の注意点」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク