女優・上白石萌音が、自分を見失わないために心掛けていること
拡大する(全1枚)

2月1日(金)深夜、女優・上白石萌音がパーソナリティを務めるラジオ番組「上白石萌音 good-night letter」が放送。上白石が“自分を見失わないために心掛けていること”について明かした。

女優・上白石萌音が、自分を見失わないために心掛けていることの画像はこちら >>

今回番組では、“お返事ナイト”と題してリスナーから送られてきたメールを次々と紹介。上白石とお揃いの傘を買ったが一週間も経たずに失くしてしまったという切ない話や、上白石も大好きだというRADWIMPSの『泣き出しそうだよ feat.あいみょん』をリクエストする内容のメールなど、上白石が―つひとつ丁寧に読み、“お返事”を返していった。

その中で、「様々な出来事に追われる毎日の中で『なぜ自分はこんなに頑張っているのか?』『何のために頑張っているのか?』と自分を見失いそうになる」という悩みを綴ったメールを紹介。これを受け上白石はこの悩みに共感しつつ、自分自身が日々心掛けていることについて語った。

「すっごく分かります。自分のこれからもそうだけど、今までのことも『あれで良かったのかな?』って思っちゃうことは、すごくあります。

私は(リスナーから見たら)何かに向かって突き進んでいるっていう風に見えてるのかもしれないですけど、私、実はすっごいネガティブで。本当にネガティブで、ちっちゃい人間なんですよー(笑) 傍から見たら些細なことも、私にとってはすっごく大きな問題で。ずーっとそれについてクヨクヨ悩んだりとか、『あれで良かったのかな?』『もっとこうすれば良かったな』っていう後悔も、本当によくするし。