テレ東・佐久間P×千鳥 面白いのに売れなかった苦悩の時代を語る

6月12日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~)に、千鳥大悟と、ノブが生出演。千鳥がMCを務める「NEO決戦バラエティ キングちゃん」や、度々出演している「ゴッドタン」などを佐久間が手がけていることから今回の共演が実現し、千鳥がなかなか売れずに苦悩した話、そこから一転して浮上したきっかけなど、今の“超売れっ子”になるまでの歩みを語った。

テレ東・佐久間P×千鳥 面白いのに売れなかった苦悩の時代を語る

佐久間が「2013年の8月、初めて千鳥に『ゴッドタン』に出てもらった。小島みなみとの企画“イチャまんグランプリ”で――」と振り返ると、千鳥も「ああ~そうだそうだ」、「ありましたねぇ」としみじみ。その頃の千鳥は、「ピカルの定理」(フジテレビ・2010~2011年)への出演がきっかけで大阪から東京に進出したばかりで、大悟は“勝つしかない”という願掛けのもと、東京の“葛飾区”に家を借りたが、早々に「ピカルの定理」が終了してしまう。その後も千鳥は“東京では大阪のように上手くはいかない”といった悩みを抱えながらも、「ゴッドタン」や「アメトーーク!」(テレビ朝日)、「満天☆青空レストラン」(日本テレビ)などの番組に出る機会があり、スタッフや共演者との出会いがきっかけで、人気が定着していったという。

佐久間:すぐに“ピカル”が終わって、その時くらいにゴッドタンに出てもらったら大ハネしたから、僕たちは『千鳥、面白いね! 売れるだろうね』って言っていった。でも、11月に(ノブが)“ノブ小池”に改名して……。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 千鳥 M-1
  2. 千鳥 漫才
allnightnippon.comの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「千鳥 + 漫才」のおすすめ記事

「千鳥 + 漫才」のおすすめ記事をもっと見る

「千鳥 + M-1」のおすすめ記事

「千鳥 + M-1」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「サンドウィッチマン」のニュース

次に読みたい関連記事「サンドウィッチマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。