カフカの文学をとりまく環境を、けれん味のない正攻法で抑えた地道な研究

カフカの文学をとりまく環境を、けれん味のない正攻法で抑えた地道な研究


『カフカのように孤独に』(平凡社) 著者:マルト・ロベール
この本はカフカの文学をとりまく環境を、けれん味のない正攻法で抑えようとした地道な研究だとおもう。文学の環境は、作品と作者に分割される。そして分割の中間に作品と作者とが滲透しあって玉虫色にぼかされた領域がひろがる。この本の著者は強いていえばこの玉虫色の領域に身をおいて、作品と作者としてのカフカの根拠ともいうべきものの発生源に、緻密な眼を注いでいる。

著者によれば、旧オーストリア・ハンガリアニ重帝国下の街プラハ、つまりカフカが、少数派の住民である裕福なユダヤ人の商家に生れ、育ち、強大な父の下で文学を形成した環境は、それ自体が迷路に似ていた。理路のうえからはオーストリアに属し、そこで流通している支配階級の国語はドイツ語であり、街の人口の大多数はチェコ語あるいはイディッシュ語を喋言(しゃべ)っている。そのなかで少数派だったユダヤ人の商家に生れたカフカにとって、家庭の環境からいえば、教養としてドイツ語を自在にあやつって生活していた。同時にそれは少数派のユダヤ人の在り方として、大多数のチェコ語を喋言るチェコ人の住民からは反感をもたれていた。文学の環境としていえばこれだけ複雑な言葉の磁場で、ドイツ語で作品を表現しなければならなかったカフカの文学は、もうそれ自体が迷路の恐怖にじっと耐えながら、どこにとどくかわからない信号を発信しつづけているようなものである。

あわせて読みたい

ALL REVIEWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。