異色すぎる小松左京賞受賞作

異色すぎる小松左京賞受賞作
◆異色すぎる小松左京賞受賞作『今池電波聖ゴミマリア』
今月は第2回小松左京賞受賞の町井登志夫『今池電波聖ゴミマリア』(角川春樹事務所)★★★★から(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2002年2月)。著者は第3回ホワイトハート大賞優秀賞の仮想現実SF『電脳のイヴ』で九七年にデビューした人。〝少女向け〟の制約が消えた今回は、高校生を主人公にしつつも、血と精液と汚穢(おわい)に満ちた暗黒の近未来を力強く構築する。実際、これがミステリ系の賞なら、〝戦慄の近未来ノワール〟みたいな惹句がついただろう。

時は二〇二五年。日本の出生率は低下の一途をたどり、人口の三分の一が六十歳以上。国家財政は完全に破綻し、健康保険も公共サービスも崩壊、街には回収されないゴミが山積みになっている。主人公の森本聖畝(せいほ)は、中部地方の街、今池の高校に通う十七歳。暴力教室と化した学園にはフラタニテと呼ばれる学生グループが群雄割拠し、組織に属さない聖畝は、恐ろしく凶暴な大男の白石にくっついて、金(ベラ)稼ぎの仕事(トラボー)の手配役を勤めることで、なんとか苛酷な日々を生き抜いている……。

馳星周の歌舞伎町が引っ越してきたようなこの破滅的近未来描写が抜群にいい。ただ陰々滅々なわけではなく、いきなり風俗嬢のマリアにハマって暴走する白石に聖畝が振り回される前半には(たとえば黒川博行『疫病神』のような)乾いたユーモアも漂う。ただし、欠点も少なくない。特権階級に属するJCD(ジュニア・サイバー・ディーラ=マネーゲームの尖兵として政府の肝煎りで働く少年少女)の家に強盗に入ったことをきっかけに、出生率問題にからむ国家的陰謀に巻き込まれるという本筋にはあんまり説得力がないし、暴力教室の描写も後半は(まるで『男組』みたいな)古臭い方向に傾く。だが、そういう欠点を差し引いても、徹底的にダークで救いのないこの猥雑な近未来は魅力的だ。ノワール系の読者にもおすすめ。...続きを読む

あわせて読みたい

ALL REVIEWの記事をもっと見る 2019年4月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。