日中韓の歴史観を超えると見えてくる!「失われた王国」とは何か?

日中韓の歴史観を超えると見えてくる!「失われた王国」とは何か?


『渤海国とは何か』(吉川弘文館) 著者:古畑 徹
古畑徹・金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授が、古代中国東北部~朝鮮半島北部に栄えた渤海(ぼっかい)国について記した『渤海国とは何か』(吉川弘文館)を出版した。古代東アジアの国際交流を軸に、多種族国家の実像に迫った力作だ。古畑徹教授に話を伺った。

――本書執筆のきっかけは?
1998年が渤海建国1300年だったこともあり、この前後の時期に渤海国についての一般書・概説書が多数出版された。しかし、近十数年はそうした出版がなく、この間の研究の進展は一般に還元されていなかった。また、従来の一般書・概説書には渤海を「謎」や「幻」と捉えるものが少なくなく、ロマンティシズムで渤海国の歴史を語る、そうした本に強い違和感があった。
そんな時に出版社から本書執筆の誘いがあった。もともと1990年に金沢大学に赴任して以来、渤海史研究のパイオニアである鳥山喜一(1887~1959)ゆかりの金沢の地で、渤海国についての書物を書いてみたいという思いを抱いていたことも理由の一つである。
鳥山喜一は、1946年から3年間、金沢にあった旧制第四高等学校の校長を務めていた。

――渤海国とはどういう国だったか、その歴史的意義付けは?
渤海国は高句麗人と靺鞨(まつかつ)諸族からなる多種族国家で、非常に複雑で多面的な要素を持っていた。そのため、どのような歴史の枠組で渤海を理解するかで、その歴史的意義も異なってくる。

あわせて読みたい

ALL REVIEWの記事をもっと見る 2019年5月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら