日本発の最強商品「スーパーカブ」誕生の舞台裏を活写

日本発の最強商品「スーパーカブ」誕生の舞台裏を活写


『スーパーカブは、なぜ売れる』(集英社インターナショナル) 著者:中部 博

◆ベスト&ロングセラー商品誕生の舞台裏を活写
知らない人も多いだろうが(僕も知らなかった)、ホンダのバイク「スーパーカブ」は累計で最も多く売れているモビリティー(移動性)の工業製品である。その数、1958年の発売以来、実に1億台以上。フォードの乗用車「モデルT」が19年間で1500万台、フォルクスワーゲンの「ビートル」が58年間で2150万台。いくら低価格のバイクとはいえ、1億台という数字のすごさがわかる。しかも現役モデル。日本発の最強商品といってよい。

スーパーカブには卓越した商品の特徴のすべてが詰まっている。ロングセラー。優れた基本性能。経済合理的で大衆向け。耐久性。快適性。楽しさ。シンプルで上品なデザイン。何よりも、骨太なコンセプトが商品の隅々まで浸透していること。

開発のプロセスをたどった前半にはとりわけしびれる。開発総責任者は本田宗一郎。商品企画は右腕の藤澤武夫。創業直後から「世界一でなければ日本一ではない」というナイスな檄(げき)を飛ばしていた宗一郎が、創業10年目にして社運をかけて勝負に出たのがスーパーカブだった。

宗一郎の開発コンセプトは「手の内に入るモノ」。藤澤の商品コンセプトは「女性が乗りたくなるオートバイ」。それだけだった。設計から機能、性能、仕様からビジネスモデルに至るまで、この普遍的な価値を凝縮した骨太のコンセプトが着実に具現化されていった。

あわせて読みたい

ALL REVIEWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。