〈無理解という壁〉を嘆くでも、怒るでもなく肯定し、現代詩はその壁を相手に話をしていくのだと、荒川洋治は凛々しく宣言する

氏は語る。新人作家の受賞コメントが、アイドル歌手のそれと変わらなくなった。〈いま小説を書こうという人たちの心は文学とは離れたところにあるのだろうと思う。それは新しい時代の到来ともいえるが、おそらくそうした作者たちが文学一般について語ることはあまりないのではないかと思う。そこがぼくには退屈なのだ〉と。

荒川洋治の著作には、勇気と率直さに貫かれた真っ直ぐな文章が溢れかえっている。処世術や世間智とは無縁の場所で、本当に思っていることだけを表現し続けている。詩集『空中の茱萸』でも、その姿勢は一貫して揺るぐことがない。たとえば、前衛画家の岡本さんと政治家の浜田さんのテレビ対談を下敷きにした「完成交響曲」。まさに拙文の冒頭で紹介したブロツキイのエピソードさながらの〈無理解という壁〉を嘆くでも、怒るでもなく肯定し、現代詩はその壁を相手に話をしていくのだと、荒川洋治は凛々(りり)しく宣言する。その気持ちを高潔に保ったまま、全部で十六篇の詩を生み出している。〈無理解という壁〉たちが、無頓着に生活使用されている死に体の言葉たちを、裸のままにすっくと立ち上がらせてみせている。

詩は一体、どこで、何をしているのか――。今日、わたしが出会った荒川さん家(ち)の詩は、真っ裸で胸を張って堂々真っ直ぐと歩いておりました。

【この書評が収録されている書籍】
〈無理解という壁〉を嘆くでも、怒るでもなく肯定し、現代詩はその壁を相手に話をしていくのだと、荒川洋治は凛々しく宣言する


『そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド』(アスペクト) 著者:豊崎 由美

当時の記事を読む

ALL REVIEWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。