網野史学の到達点、読んだ後では世界が違ったように見えてくる

網野史学の到達点、読んだ後では世界が違ったように見えてくる
拡大する(全2枚)
『日本社会の歴史 上』(岩波書店)著者:網野 善彦Amazon |honto |その他の書店
網野善彦とゆっくり話したことはほとんどない。学者や文化人が多く集まる新聞社や出版関係の会などで挨拶をしたぐらいである。学生時代から顔見知りの間柄としては、これは会い方が少なすぎると自分でも思う。

しかし彼の仕事については違う。これからの文化の在り方とか思想性と創造性というような、少しむずかしい主題で話をしなければならないような時に、「私なりの理解ですが」と断りを前置きにして、しばしば彼の著作を紹介させて貰ったり、私なりに彼の史観を敷衍したりしている。

私が彼の著作にはじめて触れたのは一九八四(昭和五九)年の二月に出版された『日本中世の非農業民と天皇』(岩波書店)である。書店でこの本を手に取って序章の「津田左右吉と石母田正」を見て驚き、その晩半分ぐらいまで読み、これは心を落着けてしっかり理解しておかなければならない著作と考え、次の日に始めからメモを取って再読した。

私を打ったのは、彼が学者として、それまでの蓄積と生命をかけて自説を展開している息遣いであった。それを支えているのは紛れもなく自由の精神であり、また個別特殊性を実証的に究めることによってその内部に科学としての普遍性を発見しようとする情熱であった。

その年の終りに書評専門の新聞が「戦後史学のエポック・メーキング」という見出しで、この本を巡って永原慶二・三浦圭一・桜井好郎の三氏の鼎談を掲載していた。三人の碩学が彼の仕事の独創性を評価しながらも、同時に戸惑いをも隠していない様子が記憶に残った。幸いわが国には一応は言論の自由があったから、独創的な業績も独裁者の権力によって弾圧されたり、破門され罪に問われるというような事は起らなかった。それでも、ずいぶんあらぬ批判や攻撃が守旧派からあったらしい事を、ずっと後になって聞いた。

この記事の画像

「網野史学の到達点、読んだ後では世界が違ったように見えてくる」の画像1 「網野史学の到達点、読んだ後では世界が違ったように見えてくる」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALL REVIEWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Amazon」に関する記事

「Amazon」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Amazon」の記事

次に読みたい「Amazon」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク