【オンラインイベント情報】2022/05/04 (水) 13:30 - 15:00 橋本輝幸(SF書評家)×新月お茶の会(東京大学文芸サークル)「学生と読む中国SF最前線!」
拡大する(全2枚)

神田古書街発祥の地である神田神保町すずらん通りの一角に、共同型(シェア型)書店〈PASSAGE by ALL REVIEWS〉が2022年3月1日に誕生、これを記念し下記イベントを実施します。


◆2022/05/04 (水) 13:30 - 15:00
橋本輝幸(SF書評家)×新月お茶の会(東京大学文芸サークル)「学生と読む中国SF最前線!」|ふらっと神保町×PASSAGE BY ALL REVIEWS企画
今回、ふらっと神保町と東京大学文芸サークル・新月お茶の会がタッグを組んで開催するのは、現代中国SF×学生の読書会です。

「いま現代中国SFがアツい!」、そんな言葉を聞いても、SF好きでない皆さんには、ピンとこないと思います。SFって、欧米と日本でしか、読み書きされていないんじゃないの?、そう考えているかもしれません。

しかし、いま、現代中国SFが本当にアツいのです。
アジア圏初のヒューゴー賞を受賞、シリーズ累計2000万部を超える宇宙SF、劉慈欣『三体』(早川書房)。中国現代史を舞台に父子の絆を描いた、郝景芳『1984年に生まれて』(中央公論新社)。

欧米とは異なる風土、文化、歴史から生まれた作品群は、かつてない斬新なアイデアを含みつつ、どこか懐かしいSF勃興期の熱を感じさせます。
そんなアツい現代中国SFの中から、最新アンソロジー、『中国女性SF作家アンソロジー 走る赤』(中央公論新社)を種本に選びました。

この記事の画像

「【オンラインイベント情報】2022/05/04 (水) 13:30 - 15:00 橋本輝幸(SF書評家)×新月お茶の会(東京大学文芸サークル)「学生と読む中国SF最前線!」」の画像1 「【オンラインイベント情報】2022/05/04 (水) 13:30 - 15:00 橋本輝幸(SF書評家)×新月お茶の会(東京大学文芸サークル)「学生と読む中国SF最前線!」」の画像2