それ危険かも…逆効果になる「肩こり」の対処法

それ危険かも…逆効果になる「肩こり」の対処法

■肩こりの症状はさまざま
肩こりは、首から肩にかけての筋肉や背中の範囲にまで、不快な症状が及ぶことがあります。

筋肉がこわばった感じがする、頭を動かせる範囲が狭くなって動かしにくい、肩の力が抜けない感じがする、痛みを感じるといった具合に、肩こりといっても訴えはさまざまなのです。

■肩こりになったら何をする?
こうした肩こりの人に「ツライ時は自分で何か対処していますか?」とたずねると、次のような回答がありました。

・こりのある部分を自分で押してみる
・パートナーにマッサージしてもらう
・市販のマッサージグッズを使って、筋肉をほぐす
・腰から肩甲骨の付近まで、子供に踏んでもらう
・体操やストレッチをして、腕や首を動かすようにする
・お風呂でゆっくり温まってみる
・とりあえず、湿布や塗り薬でしのぐ

皆さんはいかがでしょうか? 当てはまるものはありましたか?

■逆効果の肩こり対処法
こうしてみると、筋肉を押したり、ほぐしたりといった類のことを試みる人が多いようです。しかし、そこで問題が生じて、さらに苦しむ結果を招いているケースも少なくはありません。

こり固まった筋肉を自分で強く揉みほぐしたり、パートナーに「これは、硬すぎる!強めにマッサージしないとほぐれないよ」と痛みに耐えながらグリグリ押された場合、次のようなことが起こることがあります。

・翌朝、首が回らなくなった(振り向けない、頭を倒せないなど)
・肩こりの悪化
・押した部分に痛みがでてしまった

あわせて読みたい

記事提供社から

「それ危険かも…逆効果になる「肩こり」の対処法」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ジムでひと月泳げば、肩こり、なくなるよ、治った後も続ければ再発しない。 施術院よりはるかに安上がりで、他にもメリット盛りだくさん

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。