49歳イギリス在住、年収3000万円。1年後失業しそう…

49歳イギリス在住、年収3000万円。1年後失業しそう…

■失業に備えた不動産事業で老後は大丈夫でしょうか?
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、イギリスの日本法人で退職の危機に直面している50歳目前の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

▼相談者エルトンジョンさん(仮名)
男性/会社員・自営業/49歳
海外勤務(イギリス)/持ち家・一戸建て

▼家族構成妻(40代/自営業)、長男(大学生※別居)、次男(高校生)

▼相談内容現在、日本企業の海外子会社に勤務していますが、高収入の現職は契約が来年まで。事業自体も市場からの撤退危機に直面していますので、再契約をしない可能性=失業が高いと考えられます。これから新しい職を探すのは難しいと思い、ちょうどローンを完済した1年半前、自宅を抵当に融資を受け、最大限の背伸びをして不動産事業に打って出ました。

50歳以降、生活水準を落とさず、今の資産と収入で一生やっていけるでしょうか? 家族とも生活基盤は今後ともイギリスの予定です。

▼家計収支データ
49歳イギリス在住、年収3000万円。1年後失業しそう…


(1)夫の自営業について
夫の自営業は主に、保有する住宅からの家賃収入。2年前から自己資金と銀行からの借入れで開始。その他にもうひとつベンチャー的な事業をしているが、現在そこからの利益はない。

・保有戸数(自宅を含む。すべてイギリス国内):9戸
・家賃総額(月額):107万円
・銀行からの借入額(金利は1~2%):2億2000万円...続きを読む

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2018年11月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。