金持ち体質は「モノ」から「コト」消費へ

金持ち体質は「モノ」から「コト」消費へ

節約ばかりしている人は成熟した人間になれるのか
私たちは子供の頃から、お小遣いをもらったら「貯金しなさい」と言われて育ってきました。そして、子供の頃は何の疑問も抱かなかったと思います。しかし、自分の両親とはそもそも生きる時代が違うわけですから、親が言ってきたことも一度は疑ってみる必要があります。

外食を控え、弁当を作って職場で食べる。旅行を控える。本は買わずに図書館で借りる――。そうして家と会社の往復だけを毎日繰り返していれば、お金はどんどん貯まります。もちろんそんな時期が必要な局面もあるでしょう。私にもそういう時期がありました。

しかし、今後もずっとそういう生活が続くとしたら、そんな人の人生は充実したものになるでしょうか。人間関係が広がり、成熟した人間になるでしょうか。多様な経験を積み重ね、厚みのある人間になるでしょうか。ちょっと過激な言い方ですが、ただ生きているだけなら動物とそう変わらないという話です。

貯金によって確かに「安心」は得られるでしょう。しかし、その安心と引き換えに、「自分の世界を広げる機会」を失っているかもしれないことに、もう少し敏感になりたいものです。

■「モノ」から「コト」へお金を使う
私は今後必要なのは、「モノ」への投資よりも「コト」への投資だと考えています。たとえば大型テレビでも小型テレビでも、映るのは同じ番組です。また、たとえ靴を何足持っていようと、足は2本しかありませんから、一度に履けるのは1足です。「モノ」はお金を払えば誰でも手に入れられるし、基本的には誰が使っても同じ効用を受けることができます。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

All Aboutの記事をもっと見る 2019年1月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「貯金」のニュース

次に読みたい関連記事「貯金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。