メンタルが弱らない職場の3つの条件

メンタルが弱らない職場の3つの条件

■あなたの職場は大丈夫? 職場環境を振り返る3つのチェックポイント
1日の大半を過ごす職場がどんな環境だと、メンタルを強化できるのでしょうか? 3つのチェックポイントをご紹介します。

■1. 「どう動いたらいいのか」「まわりに何を期待していいのか」が明確で一貫性がある
たとえば、その時々の感情で言うことがコロコロ変わる上司のもとで働いていると「いま、自分に求められていることは何なのか」がわからず、「今後、どう行動したらいいのか」の見通しもつきにくくなります。こうなると不安で気の張り詰めた毎日を送ることになります。

他にも、

・方針や要求が相入れないために、業務が困難である
・自分の職務や責任が何であるか、わかりにくい
・人事評価についての説明がない、または不明確である……

こうしたことは、すべて職場に一貫性がないがために起こること。

こうした一貫性のない環境で一日の大半を過ごしていると、心が動じやすくなります。

反対に、自分の役割や評価の基準が明確であり、会社の方針や要求に一貫性があると、自分の置かれている状況が理解しやすく、「この行動をとるとこうなるだろう」という見通しがつきやすくなります。

このように、「私のいる世界は、安心して頼れるものだ」という確信を持てるような、一貫した環境で働くことで「動じにくい心=わかる感」が育まれるのです。

【実例:過去に企業が行ったこと】
・「会社の理念や行動指針は、各部署に当てはめるとどういう行動をとることを意味するのか」明確化して示す

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年5月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。