性器ヘルペス!? 自覚なく感染源になることも…

性器ヘルペス!? 自覚なく感染源になることも…

■「性器ヘルペス」とは……女性ではクラミジアに次いで多いSTD
女性の性感染症(STD)の中でクラミジアに次いで多い「性器ヘルペス」。原因となる単純ヘルペスウイルスに感染しても、はっきりとした自覚症状がないまま、パートナーに感染させる力だけ持っている状態になることがあるため、自分が感染源である自覚がないままウイルスを蔓延させてしまう可能性があります。

外陰部の痒みと痛みを訴えて受診された既婚の患者様で、ご本人は明らかに性器ヘルペスの初発なのに、ご主人には全く何も症状がないというケースもありました。性器ヘルペスの原因や症状、治療・再発予防法について解説します。

■性器ヘルペスの原因・感染経路
性器ヘルペスは、性行為による単純ヘルペスウイルス1型や2型のウイルス感染が原因。口唇に感染したヘルペスウイルスが、オーラルセックスにより性器に感染することもあります。

感染してすぐに症状が出る場合と、感染した時は症状が出ずに潜伏し、しばらく経ってから初めて症状が出る場合があります。そのため、感染源となった性行為と発症の時期がずれることがあります。

■初発感染と再発性感染……性器ヘルペスの症状・潜伏期間
■男性の性器ヘルペスの症状
初発の場合、2~10日間の潜伏後に性器に痒みや違和感が出現します。さらに進行すると、小さな水ぶくれや潰瘍が複数でき、ヒリヒリする感じやしみるような痛みが出たり、足の付け根のリンパ節が腫れたりします。尿道から分泌物が出ることもあります。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。