浪費する夫を改心させて「貯まる家計」にするには?

浪費する夫を改心させて「貯まる家計」にするには?

■3つの作戦で浪費夫を改心させる!
独身時代は自宅暮らしで給料はすべて小遣いだった、部下や後輩にはガンガン奢ってしまう、趣味のための出費は惜しまない……。そんな浪費夫がムダ遣いをやめて改心し、貯められる家計になるための作戦をご紹介します。

■作戦1:まずはコミュニケーション。貯蓄の必要と目的をとことん話し合おう
自分ひとりで「節約しなきゃ!」「お金を貯めなくちゃ!!」と日々キリキリしていませんか。お金についても、家族は運命共同体です。妻だけがお金を貯めようと思っても、絶対に無理。家族、特に夫の協力は欠かせません。ましてや浪費夫だったら、節約は無理でもムダ遣いだけでも止めてもらわなくては、いつまでたってもお金は貯まりません。

何のために、いくらお金を貯めたいのか。これから先、我が家にはどんなお金が必要になるのか。ということを冷静かつ理論的に説明し、お金の使い方を考え直してくれるよう説得するのです。

子どもたちに協力してもらう、という方法もあります。幼稚園くらいの年齢でも「使っていない所の電気は消そうね」「歯磨きのとき、水道は出しっぱなしにしないんだよ」など、さりげなく日常の節約を促し続けると次第に習慣となり、節約意識のない夫へのプレッシャーになります。中学生くらいになったら「奨学金という名の借金を残したくないから」と、はっきり節約への協力を求めてみるのも、ひとつの方法です。

■作戦2:話してわからない夫には現実を突きつける

あわせて読みたい

気になるキーワード

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「貯金」のニュース

次に読みたい関連記事「貯金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。