「お前が今より稼ぐならオレも家事やる」は勘違い

「お前が今より稼ぐならオレも家事やる」は勘違い

■お前がもっと稼いだら、オレは家事をもっとやってやる、という男たちの間違い
夫婦げんかの定番のお題のひとつに、「家事や育児の分担」があります。多くの場合、女性のほうが家事育児を担当しているようで、マクロミルの情報サイト「ホノテ」によれば、夫婦共にフルタイムの夫婦について、家事育児の分担は平均で70%が女性となっています。といっても、一番多いのは「夫10:妻90」の夫婦だったそうです。

いかにも不公平だ、ということで女性が男性に、「もっと家事もやってよ」と言うわけですが、そうするとブチ切れる男性は少なくありません。

「お前がもっと稼いだら、オレももっと家事をやってやるよ」というわけですが、これがくせ者です。これ、明らかにNGワードなのですが、自分が家事育児をしていない弱みをうすうす理解している男性が、売り言葉に買い言葉で口にしてしまいます。

しかし、この言葉がなぜダメなのか、男性はマジメに考えたことがあるでしょうか。ここでのマネーハックでは、「共働きマネーハック」として、「お前が稼いだら……」発言について考えてみます。


■共働きの男の多くが「年収比」ほど家事も育児もしていないという事実
この種類の発言の基本として、「今の自分は仕事も忙しい中、少しでも家事育児をやっているじゃないか」というイメージがあります。しかし、それはおおむね間違いのようです。共働き夫婦の場合、男性と女性の家事育児分担割合と、男性と女性の年収比はまったく一致していないからです。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。