投資で金運に恵まれない人の3つの行動パターン

投資で金運に恵まれない人の3つの行動パターン

■投資でお金を儲けられる人とお金を失う人の特徴
同じ投資をしていても、うまくいって資産を作れる人と、悪戦苦闘してお金を失う人がいます。いろいろな行動の違いが見られるのですが、ここでは、象徴的な3つのパターンをご紹介します。

■1. 高く買って安く売る
投資で儲かるのは、もちろん安く買って高く売れるとき。当たり前ですね。でも、その当たり前のことが、投資というゲームでできないのが人間の心理なのです。

だいたいの人は、高値買いをします。ピーク近くまで値上がりしたような資産を買ってしまいます。ピーク近くで買うのですから、その後は時価が下落することもあります。すると、今度は損をしていることに耐えられなくなって安値で手放します。

なぜ、高値買いをするのでしょう。それは、値が上がって話題になって、その資産に興味を示したからです。知り合いがその投資で大儲けをしたとか、有名人がメディアで話題にしていたとか、派手な広告で見た、営業マンに誘われたなどが興味を持ったキッカケです。

良い成績をあげているから話題になるのですが、それが永遠に続くことではないことを分かってください。むしろ、資産は上がったり下がったりの循環を繰り返しています。本当は、だれも注目していないお宝を見つけるほうが大事なのです。

■2. あわてて飛びつき、いさぎよく処分できない
お金持ちになる人は、安く買うことができます。なぜなら、買う前に、徹底的に調査して、とことん値切るからです。資産運用では、投資をする前にどれだけ苦労するかが大事です。得する人は、それがよく分かっています。買ってから苦労したくないですからね。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年7月30日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。