ストレスを抱えている人の会話に多い言葉!?

ストレスを抱えている人の会話に多い言葉!?

■ストレスをためやすい人には「ない」がつく話が多い
私がカウンセラーとして実感することは、ストレスを抱えている人の話には、語尾に「ない」が言葉がつくことがとても多く、「ある」や「いる」の言葉がとても少ないということです。

つまり、「チャンスがある」「支えてくれる人がいる」「自分には力がある」といった言葉を聞くことはとても少ないのですが、「つまらない」「時間がない」「持っていない」「いない」「できない」「やったことがない」「自信がない」「お金がない」という言葉を聞くことはとても多いのです。

しかし、こうした「ない」がつく話を聞くにつれ、「それは、本当に“ない”のだろうか?」という疑問が浮かびます。

たとえば、カウンセリングで「私の人生は、とてもつまらないんです……」といった悩みを聞くことがよくあります。たしかに、今生きている人生はその人が理想とするような生活ではないかもしれません。しかし深く話を聴いていくと、周囲にはその人を支えくれる人がいたり、仕事を続けていたり、健康面や生活には困っていなかったりと、まったく絶望的な状況ではないことが多いのです。

このように、人生を充実させるために役立つ資源を既にたくさん持っているのに、それらを活用して自分が思い描くような人生を送れていないことにとらわれ、がっかりしたり、自信を失ったりしている人が多いように感じるのです。


■「ある」もの「いる」ことを思い出すと、自分が持っている豊富な資源に気づく

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年8月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。